2009/09/30

動き


意外と、閉じているときが好きです

2009/09/29

共に


TT同期生のヨガクラスに参加。
会うたびに、インスパイアされます。
あー、明日もがんばりま~す。

2009/09/28

ナマステ・インディア2009

友人に誘ってもらい、インド・フェスティバルに行ってきました。
ほんと、代々木公園ってフェス目白押しなんですね!

歌に踊り、出店もいろいろ。
カレーや色々なインド料理。
ヨガやアーユルヴェーダ関連の書籍が充実しているところも。
そしてそして、写真はガネーシャ像の公開制作でした!

パワーにあふれた一日。
ヨガ友ともばったり会えて、どんどんつながり、つながり~。

2009/09/27

今日の三宝寺


相変わらず素晴らしい場所です。
気が本当に良い!
ここでヨガをする度に、感謝でいっぱいになります。

そして今日も、素晴らしいたくさんのシェア、みなさまありがとうございました。
一つ一つの思い、気付き、どれもみんな素敵でキラキラしています。

この上なく美しい一日になりました。

2009/09/26

ナタラジャ


明日9時から、三宝寺ヨガです。^^
早起きすると気持ち良いと思いますよ~。
ぜひお待ちしています。


詳細はこちら

2009/09/25

party

studio-yoggyの5周年パーティーへ行ってきました。

…ヨガフェスといい、なんかヨガと違う方向へ行ってないかしら?なんていいっこなしで。
自覚ありで、楽しむのは良いんじゃないですか。
UTLの時と同じく、今度はアヌサラのアーサナデモンストレーションが見られました。

久々にお会いしたかったかたに会えた一方で、
やはり5周年ともなると、あのスタジオのいつものメンバー、的な顔ぶれもあり、
立派なコミュニティーが育っているなぁ、と改めて感じました。
人の輪は大事にしていかないと、ですね。
改めて感謝、感謝です。

2009/09/24

わからないとき


特徴を言ってみる。
ほおずきのような袋状で、中には黒い種がいくつも入っているつる状の植物。かわいいの。

2009/09/22

malika

ヨガフェス内で、ある意味私たちにとって最大のイベントは、ヨガ友momoyoちゃんのブランドmalika projectのヨガウェアーデビュー。

今は残念ながら、ヨガウェアーを買い足す必要のない私ですが、いつか、のために見学。。。

実物を見るのも楽しみなら、
momoyoちゃんのところに行けば誰かに会えるかな~、という期待もあり、何回もブースの周りをうろうろしてました。

オーガニックコットンのウェアーは本当に素敵で、無垢なイメージ。
想像した通り、心地よい手触り。

そして私はやっぱりバッグも気になる。。。

レイの形の刺繍は、刺繍作家である彼女自身の作品で、そのための受注生産。

どちらも、25日からネットショッピング開始だそうですよ♪

2009/09/21

Yoga fest 2009


昨日から3日間、yoga fest 2009 がパシフィコ横浜で大々的に開かれています。
2,3年前に、3日間通い詰めて、知らなかった流派を色々と体験したので、
もういいかな、と去年はスルーしていましたが、今年はいつの間にか、
お友達がアシスタントに入っていたり、はたまたブースに出展していたりと、
あの頃は想像できなかった刺激があって、ついつい足を運んでしまいました。

それぞれ自分が学んできたことを、仲間同士どうやってシェアしあうか、について話し合えたりするのって、
多分とんでもなく幸せなことなんだと思います。
ヨガにふれたことのない方には良い機会だと思いますよ~。

最終日、もう一度来まーす。

2009/09/20

修行会


ヨガニケタンのラージャヨガ修行会に行ってきました。

プログラムは、質疑応答、アーサナ、プラナヤマ&瞑想で計4時間

質疑応答では、ヨガセラピー学会の長である木村慧心先生が、ヨーガを行じる上での疑問や、
ヨーガセラピストとして実際に臨床にあたる際に生じてくる疑問などに答えてくださいます。

プラナヤマは、シンプルな腹式呼吸から始まり、クンバカやカパラバティ、片鼻での呼吸など、
それらが組み合わさったものを含め、非常に多くの種類の実習を行います。
ほんとに、修行です。

西洋人が改良する前のヨーガ本来の姿を知っている先生から教わることは本当に多いです。

そうそう、改めて断言していただいて確信を得たこと一つ。

ウジャイプラナヤマについて。


…の、前置きとして、
ヨガセラピーでは、たとえば患者に、

吸う息の長さをかけて手をあげてほしい時、呼吸の長さと動きの意識化が難しい人には、

まず第一段階、声を出させます。
「あー」と言いながら手をあげていくことで、その声が終わるまでが自分の息の長さだと意識させる。
第二段階、それが楽に出来る人は、心の中で「あー」を言ってもらいながら行う。
第三段階として、呼吸だけで行う。

というステップを踏みます。


さて、そんな前置きをしつつ、ウジャイプラナヤマについて。

このプラナヤマでは、近年常識と思われている、喉をしめて、摩擦音を出すことは、
伝統的にはしていなかったそうです。

喉から鼻腔までの呼吸の流れを、意識化できない人向けに、ヨガセラピー的改良措置として、
ある先生が、摩擦音を出すことによって意識化しやすくしたものだそうです。

喉をしめる、というこの方法が、体内のエネルギーを外に逃がさないことからも、
一人歩きして、アメリカ人が行うような非常に摩擦音の大きな呼吸へと変化していったようです。

このことを今明らかにすることによって、
ウジャイ呼吸で音を出す現代ヨガを否定しようということではありません。

ただ、やはりヨガにおいてそれだけ意識化が重要であるということの再確認となりました。
音を出すことが大事なのではなくて、
呼吸を意識化するという微細な意識の方が本来の目的ということですね。

そうとわかったら、私は逆にウジャイ呼吸の手法に確信が持ててきたので、
初心者の方にこそどんどんお教えしていこうかなぁ、と思い直した一日でした。。。

2009/09/19

ZED


遂に行っちゃいました。シルクドゥソレイユのZED。
命を懸けている仕事ってなんでもすごいなぁ。。。

しかも、以前は彼らの作品をアートとして楽しんでいたけれど、身体を動かすようになってから、
本当にどんなに彼らが努力してきたかがわかるし、それだけじゃない色々なこと。
肉体が感動である、ってすごいことだ。。。

たくさん学びました。

合掌。

2009/09/18

リンクリスト


リンクリストを作ってみました。

…が、直接許可をとったり、今までに登場した方しか載せない予定なので、まだ少ないです。
ちょっとずつ増やしていきますね。
※ 削除希望の方はお申し出をお願いします。


〔Yoga Friends〕

・ -Slowly-
  妖精みたいにカワイイ友人SHINOBUちゃん。やさしさあふれるヨガクラス。


〔Yoga my Teachers〕

・ nori-yoga
  地を這うようなテンションの時も、先生のヨガなら受けられる。癒されます。

・ カウ食堂
  一言でくくると嫌がられるけれど、くくってみるなら、そう、天才。


〔Yoga School & Studio〕

studio-yoggy




〔Music Friends〕

・ 今日も今日とて。
  ネット上で、MAR姉さんほど頼りになる方はいらっしゃいません。音楽ジャンルも幅広く、パワフル。

2009/09/17

新しい時代へ


政権がかわりましたね!

ヨガ的に言えば、今まで自民党と医療関係との金銭的その他の結びつきから排除されてきた、
統合医療の現場の活性化!

ヨガセラピー学会の長である木村慧心先生も、鳩山事務所に招かれて話し合い…というか、
聴聞会のようなものがあったようです。

色々な分野の方に聞く耳を持っていることは良いことですよね。

マクロビや自然食方面にもとても追い風。

チベットや、世界平和への貢献から言っても、色々と難しい現実はありながらも、
今までよりもずっと追い風のはず。

そうなってくると、やっぱり流れって止められないのかな、って思っちゃいますね。

少しずつ少しずつ、みんなで良い未来をつくっていけるといいな。

焦らずに、ゆっくりと。

2009/09/16

Ayurveda


祭りの後。

ほんのりあたたかな共生感と、ほんのりあたたかなちょうちんの色をたどって、
たどりついた場所で行われた、アーユルヴェーダ勉強会第2回。

今回はトリドーシャ、トリグナについてのお話が主でした。
これって、知識としては知っていても、感覚として理解していないと役立てられないんですよね~。
momoyoちゃんの授業は、そんなフィーリングをとても大事にしているのがとっても心地良い。

人に何かを教えることって、どうしても論理立てて準備してしまいませんか?
論理は完全に自分になじんでいて、その上でフィーリング。

いや、論理というよりも、知識全体をありのままに見ることが出来る人。

そうだ、これだよ。あたたかいなぁ。。。

2009/09/15

移り変わり


日曜の午後、友人の指揮する大久保混声合唱団の演奏会へ。(写真は会場前にて)
この合唱団の演奏は何年も聴かせていただいていますが、今年は正指揮者が新しくなってから初めての定演。
よく見るとメンバーもずいぶん変化しているようです。

日本語の上手さが持ち味ですが、いきなりのルネサンスからのスタート。
結構流れてる!そしてダンサーさんとの共演やMCなど、
退屈になりがちなクラシック演奏会を楽しくする工夫もいっぱい。
でもやりすぎず、ちゃんと演奏を楽しめる構想。
そう、イベントなんだから、企画は大事なんですよね。

演奏に、新しい個性の息吹が見えてる。。。

変化することを、良しとしていけること。
諸行無常のすがすがしさを感じました。

それ即ち、自由への第一歩。
刺激を受けて見習いつつ、歩んでいきたいと思う、そんな午後でした。

2009/09/14

身体は楽器


昨日のレッスンの中で、一つ素晴らしい体験をされた方が、
終わってから興奮しながらシェアしてくださいました。

私の最近の指導スタイルでは、最後のシャバアサナから覚める合図として、
まず私が一つの音を発声し、外界からの刺激をまず耳で受け取る準備をしてもらい、
そこから呼吸に意識を戻し、身体を動かしていく、という順番をとっています。

その最初の音(声)が、身体の中にすーっと入ってきて共鳴し、
足の先から体中がビリビリとした感覚に包まれたそうです。

お寺という環境の中では常に、全き沈黙から最初に音が生まれる瞬間を楽しむことが出来ます。

音を受け取るのは、耳であり、鼓膜が振動して、音として聴こえてくるわけですが、
実際のところ、振動しているのは鼓膜だけではないはずです。
身体中の意識が繊細になっていると、音に対して自分の全身が共鳴しているのをしっかりと感じられることがあります。

私はある時、10日間のあいだ毎日10時間瞑想し続けるという修行をしていたのですが、
その時にやはり、全身がまるでスピーカーの膜になったように、
人の声がするたびに全身がビリビリするのを絶えず感じ続けるほどの日々を送っていたことがあります。

これは、より粗雑なものから微細なものへ、意識を繊細に、繊細にしていく訓練を毎日行っていった結果、
そのようなところに現れてきたのでしたが、
昨日のレッスンでは、たったの1時間ハタヨガを行っただけです。

だとすれば、全身の血の巡りがよくなり、意識がいきわたりやすくなったことと、
全き沈黙の中から音が生まれてきたこと、
などなどによって、そのような体験が出来たのでしょうか。
また、私のレッスンに対して信頼感を持ってくださったことも理由の一つだと思われ、ありがたいことでした。

いつも、同じ体験がやってくるとも限らず、同じ条件が二度やってくるとも限りません。
またその人によっても、気付きは違うところに現れます。
すべてのものが、常に変化し続けます。

感覚に対する感動が、執着に変わっていくことも、一つの落とし穴です。

一瞬一瞬を新たに。

まっさらな、新たな瞬間として次の一瞬の未来を体験していけたら、
身体はまた、次なる共鳴を生み出してくれることと思います。

2009/09/13

足るを知る


早朝は曇り空…池のアヒルに挨拶をしてからお寺へ向かいます。

今日の三宝寺ヨガは、私自身美しい静けさを本当に味わい、楽しみませていただきました。
その時間を共有してくださった方々に感謝です。

質問もたくさんしていただき、みなさんがヨガを通して何に気付き、
また何を克服したいと思っているのか、いろいろうかがうことができてありがたいことでした。

アサナを続けていくにあたっては、
やはり「知足」ということを一緒にお伝えしたほうが良さそうです。

こういう動きが出来ない、ここが硬い、など、自分に出来ないところを発見するにつけ、
その「足りない」という意識を強く持ってしまう頑張り屋さんな方たちには、
今あるもの、今持っているものが、途上であると同時に完全でもあることを教えてさしあげたいです。

上達しても、さらに上達しても、足りないと思い始めたらきりがありません。
一生、足りないという思いだけで終わってしまいます。

でもそうじゃない。

今、この瞬間に、それで充分なんです。

自分の身体の中に充分な流れや美を見出すことが出来たら、
今この瞬間から本当に幸せになれる。

気付きのお手伝い。
クラスの中で、私はそれを目指しています。




クラスを終えて外に出ると、ピカピカの天気が待っていました。

ステキ♪

青空にも感謝。

次回は9月27日9:00-10:00です。
詳細はこちら

2009/09/12

未来へ



昨日は、9.11~アメリカを変えた102分~というテレビ番組を観ていました。

後から撮ったのではなく、実際にこの出来事を体験した人々が撮っていたライブ映像ばかりを集めて作ったライブドキュメンタリー番組で、日本ではほとんど公開されていない映像がたくさん観られました。

人が次々と落下していく様子を映していたり、

まだ、犯人が誰とも、何が起こったかもよくわからない状態から、
ある家庭では、初めはショックを受けながらもカメラを回していたのが、
2機目の追突でテロだと自ら悟り、戦慄し、高層階の自宅マンションにいることに耐えられなくなって家を飛び出していくまでの様子、会話など、
ショッキングな映像がたくさん出てきます。

何が正義で、何が悪で、何が憎むべきことであり、何を支持すべきか。。。

あまりにも手の届かないところで起きている人類の歴史は、
私は心に刻むべきではあっても、ジャッジすることなど出来ません。

悪の行為そのものよりも、憎むべきはその根源であり、それはまた非常に複雑です。

このブログを始めて、3年以上が経ち、その間には、
個人にとっても、人類にとっても、記念日もあれば、悲劇の日もありました。

でも私は、そのたびに、ジャッジすることをなるべく避けてきました。

表明する私の立場は変わりません。

原因のわかること、自分にとって確かなこと、出来ることを。
まず一つ、そして一つと、目の前のことに向き合っていくこと。

目の前に一本の樹があればそこに美を見出す。
目の前の人に対して思いやりを持つ。

そして、手の届かないことは、一つ一つ、知ることの出来ることから知っていく。

友人が不機嫌でも、その背後にあるものを思いやり、一緒に耐える。

このTシャツをつくっている人が1時間6円の給料で働かされていると知れば、それは買わない。

先進国に生きていれば、誰かを虐げずに生きることなど不可能な現状の中、
そうであるという事実を少しでも知り、知りつつも、それでも生きるということ。

劇的にではなくても、知ることによって、未来の選択は一つ、また一つと変わっていく。
買い物一つ、人にかける言葉一つ。

自らの内面に平和あれ。

それが、隣りの人にほんの1mm、あるいは1g、ほんの少しだけ影響を与える。

それで充分に世界を変える一歩になる。

変えようとするのではなく、自然に変わっていく。

今、ここにいる自分。

絶えずその一点に全力を注げば、心安らぐ。

2001.9.11

今、私はあの頃よりも少しだけ知識を多く持っていて…、

世界には、この映像と同じように苦しみ、悲しみ、死んでいく人たちが今もたくさんいること。
虐げられた人々の現状は、時に大きな力によって隠蔽されたり捻じ曲げられていること。

知ることで、私自身の、今という未来は確実に変わってきています。

めぐりめぐり、もしかしたら、だからこそ今ヨガを教えているのかもしれなくて…



世界中の悲劇と憎しみを、自分の中の愛と思いやりの種に変えていけますように。
でもそれらを利用することなく、ただ、今というときの流れのままにいられますように。

多くの人が今まで私に対してそうしてくれたように、
明日も、愛をもって、クラスにのぞみたいと思います。

2009/09/11

いのちの食べかた

いのちの食べかた [DVD]
いのちの食べかた


あー、遂に観てしまった。。。

社会には、知らずに生きていれば楽なことってたくさんあると思う。
でも、それらが事実として存在している以上、
そして、自分もそれに消費者として深く関わっている以上、
知らずにいる楽さは所詮見せかけの楽さ。

だから、知らずにはいられない。
自己に対して真摯でいるために。

そして、この映像を観たあとになお、自己に対して真摯でいるために、
私は今日からどういう選択をし、生きていくのかな。。。


なーんていうネガティブではなく、もっと喜びに満ちた生を生きれば良い。
きっとそれだけだ。

2009/09/10

聖なる沈黙


キラキラした朝。

今日の三宝寺ヨガ、久々な方、サプライズな方、いつもお世話になっている方、この場所に慣れ親しんでいらっしゃる方、迷いながら遠いところをたどり着いてくださった方、みなさまに本当に感謝です。

天気が良かったので、私、というよりも石神井公園と三宝寺の力で、みなさまに癒しの力が与えられたと思います。

ちなみにヨガで使わせていただいているのは写真の阿字観道場です。
瞑想するための部屋。
周囲の環境もとても静かなのですが、この部屋に入るとさらに、本当に静かになります。

教える立場としては…、クラスを受けていたときはありがたかった、この部屋の素晴らしい静けさ、深さが、なんだか時折深すぎる沈黙に感じ、ちょっと負け気味になったりも。。。(^^;)

音をわずらわしく感じることはあっても、沈黙の深さにやられてしまうことがあるなんて…、
普段、ちょっとした遠くの音と共に流れはあり、それにとても助けられていることにも気付きました。
本当に勉強になりました。

静かな分、言葉は深く響きます。
もちろん、それを楽しむ部分もありました。
もっと生かしていけるよう、また精進したいと思います。

ちょっとずつパワーアップしていきますので今後もよろしくお願いします。

9月13日 9:00-10:00
9月27日 9:00-10:00

この2回も担当させていただくことになりました。
三宝寺ヨガの詳細はこちらです。

2009/09/09

明日の会場


明日11時、三宝寺ヨガです。
詳細はこちら
今後のスケジュールはこちら

みなさま、迷わずに来られるかな。。。
とても大きなお寺なので、私は初めての時、境内で迷いました。(^^;)
この写真右奥の黒っぽい引き戸の扉が入り口です。

お寺と公園のお散歩だけでもかなりお勧めですので、ついでにヨガをしに♪ぜひぜひ。

2009/09/07

銀杏たわわ


うわー、いっぱい。

2009/09/06

蟻の兵隊

蟻の兵隊 [DVD]
蟻の兵隊


映画館で見逃していたものをやっと観ました。

祖母の世代が高齢化し、戦争の真実を今のうちに心に刻まなければという欲求が強くなっています。

事実を知るということは、今すぐに何か行動することはなくても、
確実に私の今後の人生を、選択を、変えていくことに繋がると思います。
こんなにも、勇気を持って今を生きる人に感謝。



以下、作品解説より

中国山西省で終戦を迎えた北支派遣軍第1軍の将兵2,600人は、武装解除を受けることなく残留。国民党軍の部隊として、戦後4年間共産党軍と戦い、550人が戦死した。生き残った者も700人以上が捕虜となり、ようやく引揚げることができたのは、日本が高度経済成長に突入しようとする昭和30年頃のことだった。“軍の命令で残った”と主張する元兵士らは“志願による残留”とみなされ、戦後補償に応じない国を訴え続けている。
第1軍司令部軍司令官によって行われたという歴史上類を見ない“売軍行為”は、多くの日本人にとって知られることの無いまま、第二次世界大戦の記憶の風化と共に歴史の闇に葬られようとしている。本作は、戦争の被害者でもあり加害者でもあるひとりの老人・奥村和一が、“日本軍山西省残留問題”の真相を解明しようと孤軍奮闘する姿を追った衝撃のドキュメンタリーである。

2009/09/05

陽射しの中…


友よ、おつかれさま!
これは、私にしてはめずらしい行為だから、載せてみちゃう。

2009/09/04

Anatomy

人体解剖マニュアル ~一目でわかる人体の不思議~ II [循環器] [DVD]
人体解剖マニュアル ~一目でわかる人体の不思議~ II [循環器]


おすすめ…と言ってよいかどうかわからないのですが、こんなDVDを観ました。

イギリスのテレビ番組で、本物の死体(教育を目的とした使用に本人の許可を得ている)を使った公開解剖の様子を見せています。
「人体の不思議展」が怖くて観にいけなかった人にはお勧めできませんが、
非常に貴重な映像かつわかりやすいです。

シリーズのⅠが[動き]で、以前解剖学の授業中に見たことがありました。

運動をする方にはまずⅠがわかりやすいと思いますが、
Ⅱでは呼吸について詳細に解説してくれるので、歌い手の方たちにも役に立つはず。

自らは動かない肺を動かす呼吸筋群の様子。
内臓はどこで肋骨と結合しており、どの部分は自由なのか。
横隔膜の位置や大きさ、重要性、
肺を露出した状態で気管から空気を送り込む様子。
喘息や気胸の解説。
血液が肺、心臓、胃へ腸へ、足先へと行き渡る様子。。。


私は、解剖学を学ぶことに時に批判的です。

なぜなら、いくら人の身体を目で見ても、それは実際自分の身体の中で起こっていることではないから。
ヨガが目指すところは、そうした「第三者からの知識」ではなく、自分の実際の経験です。
どのような動きをしたとき、身体の中がどうなっていくのか、
ハタヨガの練習を重ねれば重ねるほど、感覚を繊細にし、理解を深め、
自分の身体の説明書を自らの感覚で増やしていきます。

これは本当に重要なことです。

でも、自分自身の体験による真の知識の重要性を忘れず、
このDVDで観たことを自分の身体の中で起こっているすべてであると勘違いしないこと、
という条件の下において、こういう貴重な映像はとても勉強になります。

平和的かつ真摯な態度でこの公開収録に臨んでくれたすべての人たちのおかげで、
医療関係者ではない私でもこのような映像が観られることに感謝です。

2009/09/03

三宝寺ヨガ


お寺ヨガ、やらせていただきます。


〔概要〕

場所:石神井公園内三宝寺(阿字観道場)にて。

日時:こちらでご確認ください。
   (Google Calendarがご覧になれない環境の方、この記事へコメントでお知らせください。)

参加費:1回1,000円(レッスン・マット代込み)

持ち物:動きやすい服装

注意事項:初めて参加の方は15分前までにお越しください
     食事は二時間前までにお済ませください
     怪我を過去・現在されている方は事前にインストラクターにお知らせください
     妊娠中の方はクラス参加はご遠慮ください

     予約のメールをいただければ確実に席を確保いたします。     

     ※右側のリンクから詳細プロフィールを開くとメールアドレスにアクセスできます。
      またはこの記事へコメントくださっても大丈夫です。
      コメントは承認制ですので、非表示希望を明記してくだされば公開せず、私だけが読みます。


〔クラス内容〕

ハタヨガ

ゆるめでリラックスできるクラスにしたいと思います。
ヨガ初心者からお気軽にご参加ください。


〔アクセス〕

三宝寺(阿字観道場内)

東京都練馬区石神井台1-15-6
   

・西武池袋線 石神井公園南口より徒歩20分
       または、石神井公園駅南口より「荻窪行き」バスで5分
       JAあおば 下車徒歩3分

←こちらは公園内にあった地図です。
 クリックで大きくなります。
 (三宝寺は現在地の印の左の方にあります。)






その他の行き方として…

・JR中央線 荻窪駅より「石神井公園駅南口行き」バス25分
       JAあおば 下車徒歩3分
         
・西武新宿線 上井草駅より「石神井公園駅南口行き」バスで10分
       JAあおば 下車徒歩3分
              
・京王井の頭線 吉祥寺駅より「成増町行き」バスで30分
        石神井中学校 下車徒歩5分 など。

三宝寺の門をくぐり、奥へ進むと境内の地図があります。
地図のある場所から右奥を見ると、阿字観道場への引き戸の入り口があります。


〔連絡先〕

03-3996-0063(三宝寺)
(当日迷ったときなど???)



〔一押しポイント♪〕

・瞑想のための和室でのヨガなので、空気がとても良いです。
(室内の金色の涅槃像を拝めます。)

・三宝寺は三宝寺池の隣りにあるのですが、この池の自然は天然記念物にも指定されています。
 都内とは思えない静けさとさまざまな植物が見られます。
 シーズン終わりですが、蓮の花も有名で、写真のように8月終わりの時点でまだ見ることができました。
 終了後、一緒に散策しませんか??

2009/09/02

アーユルヴェーダ




malika projectのディレクターmomoyoちゃんが、アーユルヴェーダの勉強会を開いてくれました。


ヨガとアーユルヴェーダは補完関係にあります。
でもどちらも深いので、なかなか両方を充分に勉強できないのですよね。。。

というわけで以前から勉強したくて、今日やっと叶いました。
しかもとっても良い形で。

テキストもしっかりわかりやすく感激。
しかもサンキャ哲学のあたりから噛み砕いて説明してくれました。
自分が理解するのも難しいのに。。。すごいな。

momoyoちゃんのブログにありましたが、

チャラカサンヒター(最古のアーユルヴェーダ教典)には学習には3通りあると書いてあるそうです。

 直接先生から学ぶこと。
 仲間達で討論すること。
 そして、教えること。

本当にそうだなぁと思います。
今回、予想をはるかに超えて深い学びであったこと、
そして、先生の、教えるというよりもシェアするような姿勢、
集まった生徒さんたち(7人)から出てくる質問や意見によって、相乗的に充実度を増していく空気。
など、本当に嬉しくなることばかりで、たくさん学ばせていただきました。

それと、ヨガではない分野の方(植物療法士さん)とも知り合い、お話出来たこと、大変な収穫でした。

その方がおっしゃっていたこと、

色々な人が感じていること、

結局は、どんな方法からはじめても、たどり着こうとしているところは一緒。
その表現が違っているだけ。
だからどんどんつながってきてしまう。

自分の中に穏やかさや平和、幸せが広がれば、周りの人もその穏やかさを享受できる。
そうして幸せを広げていきたい。

自分のヨガのクラスについて思います。

何一つ、押し付けるでもなく、へつらうのでもなく、今の自分のありのまま100%を提供し、
感情的な見返りを期待せず、淡々と、続けていきたい。

何か小細工などしなくても、知識の本質は逃げはしないから、
その人に必要な気付きは、それでちゃんと与えられる。
私はその橋渡し、手助けをすることで自分自身学び、良いエネルギーをいただき、
そして私に笑顔が増えれば、その笑顔をまた受ける人も享受できるのかな。

だから出会う人、みんなみんな大事で、愛おしくなる。

momoyoちゃん、またよろしくね♪

2009/09/01

9月だ!


7月下旬、こんな写真を撮ってました。
いつ貼ろうかと思っているうちに、いつの間にか、季節はずれに。
収穫の秋は嬉しいけれど、BirkenStockのサンダルが涼しい時期になると、
私はやっぱりちょっと寂しいな。。。