2009/10/31

In terra pax 地に平和あれ


ブログお休みしますと言ったのですが、一眼レフ写真を扱えないだけで、文章までやめることはないかも。
時々書きます。
今日はまだ、先日の御岳山のアップ済み未公開画像がありました。

今日はダライ・ラマ14世東京講演の日でした。
今年は行くことができませんでしたが…

少し前に、上野で開催中の聖地チベット展を観に行ったんです。
見事に中国政府によるプロパガンダとしての展覧会であり、
チベットから略奪した至宝の数々をさも自分たちの功績であるかのように展示してあるのですが、
そうとわかっても、貴重な機会、見ずにはいられませんでした。

見た上で、立場を表明する。

blogを書くことはある意味新聞と同じように世界に開けているから、こうして力を得た者の義務として私は立場をはっきりさせたいです。
さまざまな立場の違いはあれど、小さな子供達までもが拷問されたり、文字通り決死の思いで寒いヒマラヤを越えて亡命したりする必要のある状態が、正しいとはとても言えません。

世の中には、私がここでふれずに、日々通り過ぎていく不正も欺瞞も残酷な出来事も何万とありますが、それらよりもこの問題が今日特別というわけではないかもしれません。

きっと、縁なのでしょうね。

私はチベットに行ったことはないけれど、あらゆる世界思想を追い掛けていると、何度もこの国に精神的な恩恵を受けるのです。
だから、その恩のために書こうと思うのかも。

In terra pax ominibus bonae voluntatis.

0 件のコメント:

コメントを投稿