2009/08/10

まっすぐ


アンドリュー・ワイル博士が来日の際おっしゃっていたこと。
時々ニュース断食をすると良いと。。。

ビックリが続いてついついニュースを芋づる式に見続けていたら、
自分が負のエネルギーの渦に巻き込まれていくのにふと気付いた今日。

今この瞬間、出来ることしか出来はしない。
悲しみや苦しみは、常に過去の出来事への執着。
何事もジャッジせずにただ観察できたら、心に真の静寂が訪れる。



また、社会の中の役割を、ただ抜け殻のように生きてはいないだろうか。
自分という輝きを、過大にも過小にも評価せず、ありのまま受け入れれば案外楽になる。

そんなシンプルな自分に立ち戻る時間が、ヨガの時間。
それがだんだん広がり、安定した輝きが命を満たしていきますように。

すべての悲しみと苦しみのそばに、愛と思いやりがありますように。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿