2009/08/09

野菜だけ?

野菜だけ?―目からウロコの野菜まるごと料理術 野菜料理大図鑑

私の師匠、大谷ゆみこ先生の「野菜だけ? 」という本は、
もうすぐ取れそうなページがあるほどに活用している料理本。
シンプルな素材、シンプルな調味料、シンプルな調理法。
それで、身体に良い料理をたくさん作れてしまう。

美味しい、見栄えがする、というようなことだけでなく、
保存方法や、栄養のこと、なるべくまるごと調理する知恵など、
野菜のことが本当に色々な面から深く考えられています。

大きな意味での知識がたくさんつまった、学ぶことの多い本で、
図鑑のように引ける、本としての使い勝手のよさも魅力です。


これを元に、今日はキャベツをさばきます。

まず球体の状態から4つに輪切り!
そうすると、両端の切り身には芯がないので千切りなどにしやすくなります。
また、真ん中の2つの切り身は、さらに5つの部分にわけることで、
柔らかい部分、硬い部分に合わせた調理がしやすくなります。
(詳しくは本にて。)

まるごと食べる知恵ですね。

写真のコールスローは、そうしてさばいたキャベツでつくりましたが、みじん切りにしたら全部同じじゃん!という自分つっこみも入れつつ。^^;
私の創作(?)で、メープルとレモンと生姜と塩コショウで味付け~。
おいしいですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿