2009/08/08

平和の日


8月6日の朝8:10、都内某所を歩いていると、その地域の防災放送??のようなものが始まったので、
光化学スモッグかと思っていたら、広島への原爆投下の8:15にあわせて、黙祷を促す放送でした。

よく考えるとそこは平和についてひとかどの志を持つと言われる自治体でしたが、
ほかの地域でも行っていることなのでしょうか。。。


核という手の届かない巨大なものを思う時、いつも、自分に立ち返るということに思い至ります。

ヨガを通して、自分の心の中の平和を育んでいこう。

その結果は、自ずとついてきます。
自分の中が平和なら、それは隣りの人に自然と伝わるからです。
憎しみは反発しか生まないけれど、
愛や思いやり、やさしさはやさしさを生み出す種になります。
隣りの人へ、隣りの人へ。それが世界につながる第一歩。
そして…

どんな人も、たとえそれが敵意のある人であっても、私と同じように苦痛を恐れ、幸福を求める生き物です。どんな人も、苦痛を免れ、幸福を手にする権利を持っています。そのように考えれば、友人であれ敵であれ、他人の幸福は自分自身に深く関わる問題であることがわかります。これが真の慈悲の基盤です。
                ダライラマ法王の言葉より。


今日のヨガクラスは、平和をテーマにしてみました。
いつだって、そうしたことの手助けになることも含めて、ヨガをお伝えしていきたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿