2009/07/18

すべてはあたりまえのこと


1週間くらい前、古い友人と久々に話していて、
大学時代西洋の哲学をやったり、教育学だとか内観だとかいろいろ言っていた私がなぜヨガをしているのか、
という話を改めてする流れに。

私にとっては、西洋思想をやっていたときも、音楽をずっと続けてきたのも、すべては同じ目的。
ただ、肉体からも精神を追求できると気付いたから、ヨガを始めただけで、
表現の幅が増えただけで、本質的に求めてるものは何も変わらないんだよ、
何をしていても同じなんだよ、という話をしました。

「肉体からも精神を追求できるとわかった」

っていうところで、

「当たり前じゃん?そんなの古代アテネの、オリンピック発祥の時代からわかってたことでしょー」

と、つっこまれたワタシ。
(イジワルじゃなく、ふざけているのですが。)

そう、その通り、当たり前。

でもさ、友よ、世の中に、学ぶべきもので、当たり前じゃないことなんてどこにある?
当たり前に自然界に存在し、人間の体内と精神に存在しているものを、

私は一生をかけて、ただただ再発見していくだけじゃないの?

だからこそ、それが真の知識であると自分自身で判断できるのであって。

新たなことなんて一つもない。

でも、その再発見の過程=人生は、すべてが、新鮮。
だって、この世界は、いつも完璧に美しいんだもの。

それをねじまげようとしなければ、苦しみはうまれないもの。

友よ、あなたが大事だよ。大好き。
いつもいっぱいつきあってくれてありがとう。

みんなハッピーになっちゃえ。

0 件のコメント:

コメントを投稿