2006/04/22

東郷神社



原宿駅から明治通りへ抜けたかったのですが、
思い切り竹下通りを突っ切ろうとしてしまったため土曜日の大混雑に巻き込まれ、
東郷神社を抜ける道へドロップアウト。

狛犬が好きなので撮っていたら本殿から太鼓の音が。

やがてその本殿から伸びた赤い毛氈の上を向こうから
神主、笙、篳篥、横笛、巫女、赤い大きな傘、白無垢、紋付き袴…

たまたま境内に部外者は私だけ。
行列が本殿の中に吸い込まれて扉が閉まると、辺りは急に静まりかえってしまいました。
まるで目の前を狐の嫁入りの行列が通り過ぎていったような(?)不思議な感覚。
(写真は、あえて載せません。。。)


この神社は日清・日露戦争で活躍した
東郷平八郎提督を神として祭った神社です。
東郷自身は生前
乃木神社建立の際、将来自身を祭る神社建立の計画を聞いて、
止めて欲しいと強く懇願したそうですが。

敷地内には兵士たちの慰霊碑などもあり、
色々と考えさせられる
靖国神社と似た雰囲気を持った神社でした。

…そういえば参拝するということは思いつきませんでした。
この本殿の中に神となった東郷平八郎が本当にいるのでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿