2009/05/31

瞑想ワークショップ








インドで1ヶ月に渡りヴェーダンタを学んで、さらにパワーアップして帰ってきた先生が、
瞑想ワークショップを開催すると言うことで、参加してきました。

とても難しいことを、とてもわかりやすく言い換えることの出来る、素晴らしい先生。
そして、とっても可愛らしいお人柄。
↓先生のインド滞在記。
奥深いのにクスリと笑えます。

向井田みお の ヨガ哲学の旅 in India

先生はカミノデコンポステーラ巡礼時にヨーガに出会ったそうで、

以前伺ったら、 「はじめそちらの方に答えがあるのではないかと思ったので」ということでした。

色々と、自己の本質を探るための旅をして、たどりついたところがインドだったのですね。

私も西洋思想から探求を始めて、ヨガにたどりつくまで結構長い時間かけて探してきたので、
なんか勝手に親近感を覚えているのでした。。。
(厚かましくてごめんなさい)


先生の授業の優れているところは、
いつも、その時のテーマにとらわれたりテクニック的なところにとどまらず、
なぜそれが必要か、という根本的なところからしっかりと説明してくださるところです。

(これこそ、今日の学校教育に欠けてしまいがちな重大なことですね。)

今回はジャパ瞑想でしたが、そこに至るまでに、
意味と目的について長く説明してくれました。
そして、いかに普段の生活に生かしていくか、ということも。


マントラも一つではなくたくさん紹介してくださり、
しっくりと実践の時間が迎えられる色々な工夫をしてもらえました。

最後には先生がインドから持ち帰って下さったアーユルヴェーダのお茶で、
みんなで和やかなティータイムを過ごし、心豊かな時間になりました。


※ 友人は、予約し忘れていて当日満員で入れなかったそうです。再度開催希望。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿