2009/05/18

アンサンブル

週末、アンサンブルの練習がありました。

このチームは1ヶ月に1回しか練習がないので、
集まって歌ってみると最初は必ず下手なんだけれど、^^;
その最初の演奏に対して、

「うーん、ここをこうしてみる?」

とか、

「こんなところを意識してやってみよっか」

などと誰かが言い出してその通りやってみると、
2,3回で、さっきのは冗談だったのかと思うほどに必ず上手くなる。(笑)

みんな、音楽するということに対する経験をかなり持っているし、
普段歌っていなくても、あ、こうするんだった、と、
意識のいきわたっていなかった部分へ意識を入れることが出来るようになるんだな。

これってとても大事なことですね。
意識すること。
意識一つで変わっていくということ。

同じものごと、同じ経験、それを、どのように経るのか。
同じ場を共有しても体験することは人によって異なる。

さらに、そのような個々をいかに尊重していくか、ということ。

それでいて、「歌」というのは響きの共有であるから、
違う体験でも一つの体験で。。。

深いなぁ。

さぁ、これをどうやってヨガに生かすかな。
より多くを共有しつつ、内なる体験を深めていくには。。。

うまくガイドできますように。

0 件のコメント:

コメントを投稿