2007/03/31

ヨガ日記 meditation 2 動かない

瞑想に関するワークショップに行ってきました。
studio yoggy のヒロ先生です。

瞑想というのは目指すところは皆同じでも、
人それぞれ自分にあった切り口があると思うので、
今はまだ多くの切り口、方法を学びたいと思い、色々出掛けることにしています。

何故瞑想するのか
ヨガの歴史における瞑想
何故文化は違えど世界中に瞑想というものがあるのか
瞑想する時の基本的な座り方のお話

などなどの座学があり、数種の呼吸法があり、その後実際に瞑想を行いました。

瞑想といっても色々な方法があって、また留意する点も色々あるのですが、
達人ではないので一度に色々は出来ない、ということで、今回は

「絶対に動かないこと」

を最低目標として15分座りました。
(前回は、自由に足を組み替えたりしてもよかったのです。)
方法としては、何か雑念が浮かんで来たら、無理に消そうとするのではなく、
それをぼんやりと眺め、「想い」「想い」「想い」…と、呪文のように心の中で繰り返します。

すると、いつの間にか消えていく。

例えば音が気になったら、「音」「音」「音」…と、心の中で繰り返す。
いつの間にか気にならなくなっていく。

足が痛いな…

「痛み」「痛み」「痛み」…。

一種のマントラです。
どんなものでも、ずっと留まっているものはない。
思い、音、痛み…それらの雑念のすべては、待つことで、執着せずにいることで、
眺めることで、川の流れるごとくいずれ去っていきます。

たとえば2時間くらい座っていて足が痛くて仕方なくなった場合でも、
「痛み」「痛み」…と10分も繰り返しているといつの間にか流れ去っていくそうです。

いつか、それを体験してみたいと思いつつ、
とにかく15分の間私なりにそれらを克服しようとやってみました。

これすごい!

今までの中で一番集中出来ました。
心がおしゃべりをやめた状態、静かな状態ってやっぱりスゴイ!
時間もあっという間でした。
(方法のせいじゃなく、瞑想というもの自体に慣れてきたのかもしれないですが。)

もっと楽に座り続けられる身体を作るため、私はヨガのポーズの練習をしています。
右の股関節よ柔らかくなれ、なんて願いながら。(←雑念。)
すごく偏りのある私の身体だけれど、少しずつ柔らかくなっていますし、
いつかは数時間微動だにしないで集中出来る身体が出来るでしょう。

夢見て、また今の自分も楽しみながら、ヨガを深くしていきたい。
そしてその効果が日常へと深く返っていくように。
私自身が、もっと深くなるように。

色々な瞑想の仕方を学んでたくさん克服していきたいと思います。
その中で、今回の方法はしばらくお気に入りになりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿