2006/09/21

『太陽』 Solnze

太陽 [DVD]

月曜日、吉祥寺バウスシアター(有名ミニシアター)まで出掛け、『太陽』 という映画を観ました。

ご存じでしょうか?
昭和天皇を題材に、終戦直前から人間宣言までのとても短い期間を描いています。


太陽 (原題:Solnze)
ロシア・イタリア・フランス・スイス合作
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
昭和天皇:イッセー尾形


ロシア人監督ですが、普通に日本人の俳優で、日本語で作られています。
アート系映画でミニシアター上映、あまり多くの人の目にふれることはないかと思いきや、
公式ページをみると、これから順に主要都市は大体回っていくようです。

これ、…確かに楽しい映画ではないかもしれないけれど、
個人的にはとてもお薦めしたい映画です。

主演のイッセー尾形さん自身が「見ていない人と同じ土俵に立ちたくない」とおっしゃっている通り、
観ないで値踏みするのはもったいない作品です。

まず、なぜロシア人がこの映画を作るの?という素朴な疑問が沸くと思いますが、
多分いくら待っても日本人の中からこんな色彩の作品は生まれなかったと思います。
または、もしかしたら、自由に見える日本においても、このような映画は作ることが出来ないのか。。。

監督自身の日本理解、
そして随所に日本人スタッフが関わっているせいか、
はたまたファンタジックな独特の色彩やテンポによるものか、
外国人による無理解や異文化の違和感がなくすんなり観ることが出来、
それ故に観終わった後に、「一体この監督は何者なんだ?!」という驚きが残ります。
そして、役者たちもスゴイ。
ラストの表情。。。

重く、苦しく、静かで、そして美しい映画です。
映画館でぜひ。

※ DVDが出たので冒頭に追記しました♪

2006/09/15

日が暮れる


秋の空。。。

明日が良い日でありますように。
やっとのぞいた青空におねがい。

2006/09/14

青空への憧れ


あぁ、陽ざしが浴びたいなぁ。

ほんとの今日はどんよりお天気で肌寒いですが。。。

これも秋の一つの表情なのですね。。。

2006/09/11

雷雨


暑~いので窓を開けて眠っていたら、激しい雨と雷の音で起こされました。
2時間近く前かな。
やっと(さっきよりは)小降りになってきたけれど、まだ雷が鳴っています。

夏やその終わり頃の突然の豪雨、
以前は当然の現象だと思っていたし、気持ちが良いとも思っていましたが、
今年は何か、激しすぎる雨に立ち尽くす記憶というのが出来てしまったせいか、
少し恐怖も覚えるようになりました。

たとえばある日は朝からとても良い天気でしたが、
昼に用事が終わってビルを出ようとしたら夕立。
あちこちのビルから出ようとした人たちが、
明るい空の下そこでもここでも軒下に一斉に立ちつくしていた。

10秒か15秒も歩けば向こうの屋根づたいに駅へたどり着けるし、傘も持っている。
それでも絶対にずぶ濡れになりそうでためらってしまうほどの雨。。。

その時思いました。
これからはこうして、「立ち尽くす」ことが多くなるのだろうな、と。
ただ天を仰いで為す術もなく、誰もが立ち尽くす。
その時私(私達)は、確かに、その人それぞれのレベルで、何かに「立ち返る」のだろうと思う。
恐怖と書いたけれど、その「立ち尽くす」感覚は、何か感動にも似ていて、
また今こうして降りしきる雨を見ながら、静かに抱く感覚は、畏敬の念だと改めて思う。
この記憶を自分の中に深く刻もうと、ブログに向かってみる。

雨が小さな点から、地上に落ちて面になり、あらゆるモノの表面をなめらかにしていく。
その様子を眺めていたら眠れなくなってしまっただけだけど。(^^;



写真は、この記事の中身と全然違ってしまいました。(^^;

土日に行った合唱団の合宿先での出会い。
「…あなたは、以前会ったときまだ小さかったあのキミなの?」
と、聞いてみたら、こんなポーズをしてくれました。

…どういう意味だろう。(^^;

2006/09/09

池のほとり


んー、あっという間に週末です。
土日は合唱団の合宿に行ってきま~す。

2006/09/07

日ざし


んー、狙った構図通りにはならなかったけど。。。

まだまだ暑いです~。
日差しが、物を白くします。
その白さを味わう。
この白さが夏だから。
そしてこの静けさが、心の静けさに通じている。。。

2006/09/03

SOMETIME


いくつかの偶然が重なって、今日はジャズを聴いてきました。

PIANO HALL SOMETIME

昼は喫茶店で夜はバーになるお店です。
薄暗い階段を降りていくと煉瓦の壁にアメリカンアンティークな内装。
1人でも、2人でも、4人でも居心地のよい空間。
ライブは普段は夜だけで、日曜のみ昼もやっていて、それに偶然遭遇したのです。

今日はピアノ、ダブルベース、ドラムスの3人で、
最近流行のラウンジ系コンピレーションCDに入っていそうな渋めのジャズ。
…なんて安っぽいジャンル分けをしながら聴き始めたらとんでもない!

そんなに深く考えていなくて、一息ついたら立ち去る予定だったのだけれど、
はまってしまって結局1時間以上聴き続けました。

楽器を囲むように客席があって、どの席も楽器からそう遠くない。
それなのに、あぁなぜこんな大音量のドラムはそれでいて全くうるさくないんだろう。

…音楽しているからだな。

なんて時々考えつつ、そして時々没頭しつつ。
それから、三人のストイックなまでの演奏ぶりにも心打たれてしまった。
曲名が気になっていたら、私の聴いた1時間の間演奏された曲は全部ピアノの方のオリジナルでした。
そのステージが終了しなかったらそのままずっと何時間でも聴いていたかも。


それにしても、大金を払ったコンサートでぶつぶつ言いながら帰ることもあるのに
こうしてチャージ1000円とお茶代だけで心の底から満足してしまうこともあるんだから、
音楽って不思議ですねぇ。

ああそういえばいつかなど、公園で太鼓一つで歌うお兄さんの音楽がすご~くよくて、
日曜の日だまりで幸せになったこともありましたが、
彼は特にストリートミュージシャンというわけでもなく、
その幸せは、値段なし、でしたね。


それから、東京って、人がいっぱいいることがやっぱりパワーなんだな、などと思う。
名も知らぬスゴイ人たちが、あっちにもこっちにもいるということ。
それなのにお互い道ですれちがえば、邪魔だとかウザイとか思ったりしてしまう。
もっとお互いに敬うことが出来るはずだけれど。

敬うべき人たちに会えたから、気付いたから、今日は良い日だったと思う。