2006/06/29

猫おじさんのいる風景


千鳥ヶ淵の水も、藻の繁殖でだんだん緑色が濃くなってきた今日この頃。
九段坂から緑道に入ってまもなくのところに、いつも数匹の猫がくつろいでいる場所があります。
ベンチに荷物を広げた猫おじさんが、餌をあげたり、雨の日は傘を置いてあげたりしているのです。

おじさんのおかげで猫たちは私にも他の人にもほとんど警戒しません。
5月11日、私が少し離れてカメラを構えていたら、
「もっと近づいても大丈夫だよ」と教えてくれたので、あんな写真が撮れました。

週に1度通りかかるだけの私だけれど、
おじさんが猫にも人にもとても好かれていることはよくわかります。
おじさんの用意した座布団に偉そうに、でも居心地よさそうに居座る猫たち。
私のようにたまに通りかかる人が置いていったと思われる
猫たちの写真もたくさん置いてあります。

今度はもっと戯れて良い表情をしてもらおうかなぁ。
今日の写真は暗いので、ISO感度を上げています。
ちょっと粗めですね。

2006/06/28

押尾コータロー

押尾コータロー 六弦六夜 ~ALL ALONE at 青山劇場

行ってきました!
ギター奏者の押尾コータローさんはメジャーデビューして4年目。(インディーズCDアリ。)
プロの方が、「どうやって弾いてるんですか?!」と尋ねに来るほどのテクニックの持ち主。
近年、テレビや色々な場面でも、よくよく聴いていると、彼の楽曲が本当によく使われています。

「今日のコンサートのどの曲がよかった~」
とか書いてもわからないと思いますので、
コンサートの後半に必ずある私のお気に入り部分をご紹介。
それは、「1人メンバー紹介」です。

もちろんたった一人のギターコンサートなのですが、
たとえば今日のメンバーは、

・エレキギター :押尾コータロー
・津軽三味線  :押尾コータロー
・フォークギター:押尾コータロー
・ドラム      :押尾コータロー
・ベース     :押尾コータロー

こんな感じ。(笑)
エレキ・ドラム・ベース・フォークがレギュラーで、後のメンバーはコンサート毎に違います。
今日は出演していなかったけれど、クラシックギターの押尾コータローもいますよ。

やり方はよくバンド編成のコンサートであるように、
「紹介されたメンバー」がそれぞれ自分の楽器を弾いて順番にアピールしていくもの。
(ただし、この場合は1台のギターで全部やります。)
これがまたしっかり聴かせてきます。スゴイ!
特に誰もが気になると思われるown ドラム。
(…聴かないと意味がわからないですよね。聴いてみて~。)

ファン層はけっこう老若男女でしょうか?
盛り上がってみんな立ち上がっていることもあるし、静かに座っていることも。

多分、色々なジャンルの音楽ファンが、それぞれ自分の楽しみ方で聴けるのが彼のコンサートかな、
と思います。
もちろんCDもお勧めです~。

Panorama  Panorama

2006/06/27

近くて、遠いもの


うーん、うーん。。。

2006/06/25


今日はちょっとお出かけなど。疲れてます。。。

2006/06/20

木陰にて…


ところ変わりまして…って、写真から全然わからないですね。
相変わらず寄ってばかりです。。。

2006/06/16

居場所


ここ、ここ。。。

2006/06/14

アンティーク



としまえんにあったメリーゴーラウンドです。
大人なのに?って言わないで。
この CAROUSEL "EL DORADO" は、多分大人にとって価値のあるものです。

1907年、ドイツのミュンヘンで 名工といわれたヒューゴ・ハッセの手によって造られた歴史的な木馬がエルドラドです。ヨーロッパ各地をめぐった後、かの有名なアメリカの遊園地コニーアイランドへ渡り、1970年「としまえん」にやってきました。
                                としまえんHPより

塗装がところどころ剥げて木馬の中の木が見えていたりしますが、それがとっても味がある。
回る音も、現代のそれではなく、まるで手回しの大きなオルゴールのように、
ずっしりとした木の音がする。

すご~い、美術品に乗っちゃった。


子供の頃、としまえんに何度か来たと思います。
でも園の中を歩いても、記憶は蘇らなかった。
(雨だったので、あじさい園とこのエルドラド以外ほとんど観ませんでしたが。)
この木馬が1970年からここにあるというなら、私は子供の頃にもこれに乗ったはず。。。

私は大人になった。
大人になってよかったな。。。

2006/06/13

感謝の日


美しいもののすべてに感謝。

自分が今自分であることに感謝。

大地に立つこの足に、合わせたこの手に、
吸う息の一つ一つ、世界のエネルギーは身体にとどめ、吐く息は委ね。

一日一日、この一瞬に、私が私になっていくように。
私と、その他のものとが一体になっていくように。
そのことに、焦がれながら、今日という日を過ごす。

これは詩ではなく、私の願うことのすべて。

2006/06/12

雨が好き~


日曜日、としまえん あじさい祭りに行ってきました。
150品種10,000株もの紫陽花を一気に観られるなんてほかにはなかなかないですよ~。

でも、雨が降っちゃったんですよね~。
紫陽花に、雨はすごく似合うのでテンションは下がらないんですけどね~。
撮影がね~。。。(ぶつぶつ)

小雨くらいならゆっくり撮影できる日になるかと思いきや、かなり本格的な降りに…、
防滴ではないカメラなので、守りながらこそこそとちょっとずつ撮りつつ、鑑賞をメインに。

今日の写真は、その中でも一瞬雨がすごーく小降りになった時のものです。
傘を差している子供と、閉じている子供。

休日の過ごし方としては、かなり充実。
まだまだ咲き始めの花も多く、来週も再来週もまだまだチャンスあり、ですよ。
豊島園庭の湯も、なかなかくつろげるところです。かなりしょっぱい茶色のお湯です。)

2006/06/11

大好きな花



紫陽花が咲くと、俄然雨降りが楽しくて仕方なくなる私です。

2006/06/09

印象派



関東地方、本日梅雨入りしたそうですね。
これで雨降りも楽しくなるぞ~。(?)

浸透性


手を伸ばし、力強く、しなやかに、繊細に、樹のように、この樹のように。。。

2006/06/07

いつの間に?


かなり雨が降って、一気に晴れたようです。
全然知りませんでした。。。

2006/06/05

おつかれさま

土曜から日曜にかけて山奥にこもって合唱団の合宿に参加しておりました。
おつかれさまでした~。
おやすみなさい。

2006/06/02

VITA


私の撮りたいものって花なんだろうか?
どうも違うな、と思ったり。
ただ、花のある風景は、少しリアル。