2006/10/29

気がつけば。。。


友人に「イチョウはまだ全然色づいていない」と書き送った翌日の今日、
公園を歩いたら桜が少しずつ色づいて(?)来ていた。
今週は余裕がなくて夜しか樹を観ていなかったから気付かなかったんだなぁ。
この樹なんて、いつの間にか葉が落ちてる…。

足下をみると栗のイガや落ち葉の布団もちゃんとある。
でも全部が今年のものではないだろう。
樹のたくさんあるところでは、落ち葉は降り積もって、
長い時間をかけて土にかえっていくから、その途中。

あいかわらず鈴を転がしたように虫が鳴き、そして、鳥も。。。

頭が黒く、顔が白く、お腹に美しい柿色の羽を持った鳥をみたけれど…
今まで雀とカラスぐらいしか飛んでいないようなところしかうろうろしてこなかったので、
急にはわからない。
今度勉強しておこう。

3 件のコメント:

  1. その鳥は、もしかして「ジョウビタキ」かな??
    すずめくらいの大きさで、オレンジが特徴の冬の渡り鳥。
    (顔は白くなかったような気がするけど・・・)
    仙台にいた頃、近所に飛んできていて、冬はよく写真を撮りに行きました(^^)

    2006/11/04 02:22

    返信削除
  2. 仙台では多分よく見かける鳥だけど、名前は知らなかったです。
    モコモコしてちっちゃくて可愛い奴ですね。今度写真撮れたら見せて♪
    動物をイキイキした表情で写真におさめるのは難しいね。

    2006/11/04 19:29

    返信削除
  3. 二人ともありがとう。
    気になって今日、本で調べました。(^^)v
    ジョウビタキの雄と、ヤマガラが可能性ありだけど、
    ジョウビタキは頭が白く、ヤマガラは顔が白いのでヤマガラだったのかなぁ。
    お腹の綺麗な色にばかり気をとられますね。
    試しに同じ地点で15分だけバードウォッチングしてみたところ、
    ジョウビタキもヤマガラも現れず、代わりにヒヨドリとメジロが観られました。

    逆説的だけど、私が自然と共生することを意識するようになったのは東京に住んだおかげだと思います。
    昔高田三郎先生が、「ローマから離れるほど信仰は強くなる」とおっしゃっていたのを思い出しました。(^^;

    写真撮れたら…の前に棒振りさんに鳥撮りのコツを教わらなくては。
    ヨロシク。

    2006/11/05 00:17

    返信削除