2006/08/04

雲かけ豆腐


醒狂道人何必醇著 『豆腐百珍』より 佳品 四十四 雲かけ豆腐


『豆腐百珍』を、そのうち極めようと思うのですよ。(笑)

今日の料理は江戸時代に書かれた豆腐料理のバイブルより、です。

水切りした豆腐に白玉粉をまぶして蒸しあげ、山葵味噌をのせたものです。
蒸しあがり、半透明の膜状になった白玉粉が雲のようにふんわりと見える…はず。^^;

山葵味噌は白味噌、白胡麻、胡桃、酒、山葵をすり鉢であたって作ります。
えーと、原典(私のは今貸し出し中)には分量なんて書いていなかったような気がします。
白味噌をベースに酒で水分調節。お好みの配合で適当でも美味しいです。
写真では胡桃と山葵をトッピングしました。

白玉粉の食感が、ごま豆腐に通じるモチモチ感を生みます。
すごーく上品な美味しさでお薦めですよ~。

0 件のコメント:

コメントを投稿