2006/07/31

梅雨明け、夏


う~ん、日曜日とても天気がいいなぁ、と思っていたら梅雨明けしていたんですね。

私は夏大好きです。
たとえば関東以南では時々観られるくっきりとした入道雲の形や、
日差しの眩しさ、逆に、日陰の心地よさ、(この光と影のコントラスト!)

スイカ、とか、セミ、とか、具体的なことは書いたらきりがないですね。

汗をいっぱいかくと、空気と、汗と、自分の身体との境目が全部曖昧になる感じがしませんか?
私はこの感覚も、結構好きだったりします。
(反論がいっぱい来そう~)

夏があっという間に去っていく東北には永住できないなぁ、と思ったこともあります。

寒さの中では、動けないです。
ちょっと悲しくなるし。。。

暑さの中には、悲しみはない…というわけではないけれど、
抽象的なたとえをするなら、寒さは悲しみで暑さは決意だと思う。
…根拠なしですね。(^^;

暑いときは、気合いがあれば動けます。
この辺はきっと人によって違うんでしょうね。
私は暑い、暑い…と思っていると、逆に自分にすごく集中できていく感じがする。
(ん?上手く表現できません。)

去年の京都、ものすごい暑さでしたが、一日中足が棒になるほど歩いた日がありました。
ものすごくまじめに勉強するつもりで丁寧に丁寧に観光しました。
途中で身の危険を感じてお寺の隅の水飲み場で水をかぶらなければならないくらい暑かったですが、
すごく集中できて充実しました。

正真正銘の田舎と呼べる場所に暮らしたことはないけれど、
海や空、風、木々など、夏の魅力を伝えるものの恩恵はずいぶん受けて育ったし、
それが根本的に夏好き人間を作っているのかなぁ。

…さてと、オチがないので、今夜は夏野菜カレーでも作るかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿