2006/07/21

『いぬのえいが』

いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]

映画好き仲間から薦められて、観たいな~と思っているうちに上映が終わってしまった
『いぬのえいが』、DVDでやっと観ました~。

さらさら~っと観られる一本です。
大笑い出来て、ちょっと考えさせられて、ボロボロ泣けて。。。

ショートストーリーをつないでいく形で、中身を説明しなくても、
「いぬのえいが」と聞いて人が連想し、期待するであろうものがバランスよーく入っているのが面白い。

それでいてエンターテイメントとしてのやりすぎ(ハリウッド映画的な感じ)がなくて緻密。
ちゃんと主題が疎かになっていない。
うん、確かによかったよ、友人くん。

監督もそれぞれのストーリーで違う方です。
(犬童一心、佐藤信介、黒田昌郎ほか計7名)
役者さんもいっぱいで、主に誰と言えない…。

でもちゃんと最終的に一本の作品になっていて、そのバランスが良い。
これだけ多くの人が関わっている映画でこんなにバランスがとれるのって、
実はものすごーーーく大変なことに違いないですよね~。

0 件のコメント:

コメントを投稿