2006/06/28

押尾コータロー

押尾コータロー 六弦六夜 ~ALL ALONE at 青山劇場

行ってきました!
ギター奏者の押尾コータローさんはメジャーデビューして4年目。(インディーズCDアリ。)
プロの方が、「どうやって弾いてるんですか?!」と尋ねに来るほどのテクニックの持ち主。
近年、テレビや色々な場面でも、よくよく聴いていると、彼の楽曲が本当によく使われています。

「今日のコンサートのどの曲がよかった~」
とか書いてもわからないと思いますので、
コンサートの後半に必ずある私のお気に入り部分をご紹介。
それは、「1人メンバー紹介」です。

もちろんたった一人のギターコンサートなのですが、
たとえば今日のメンバーは、

・エレキギター :押尾コータロー
・津軽三味線  :押尾コータロー
・フォークギター:押尾コータロー
・ドラム      :押尾コータロー
・ベース     :押尾コータロー

こんな感じ。(笑)
エレキ・ドラム・ベース・フォークがレギュラーで、後のメンバーはコンサート毎に違います。
今日は出演していなかったけれど、クラシックギターの押尾コータローもいますよ。

やり方はよくバンド編成のコンサートであるように、
「紹介されたメンバー」がそれぞれ自分の楽器を弾いて順番にアピールしていくもの。
(ただし、この場合は1台のギターで全部やります。)
これがまたしっかり聴かせてきます。スゴイ!
特に誰もが気になると思われるown ドラム。
(…聴かないと意味がわからないですよね。聴いてみて~。)

ファン層はけっこう老若男女でしょうか?
盛り上がってみんな立ち上がっていることもあるし、静かに座っていることも。

多分、色々なジャンルの音楽ファンが、それぞれ自分の楽しみ方で聴けるのが彼のコンサートかな、
と思います。
もちろんCDもお勧めです~。

Panorama  Panorama

0 件のコメント:

コメントを投稿