2006/05/31

贈り物の響き

最近、本にとても縁があるようです。

ふと数えたら、今年に入ってから5冊もの本をいただいています。
(実際は3巻セットのがあるので合計7冊)

しかも、ある一人の読書友達から、ではなく全部別々の方からいただいたんです。
うれしい。。。

下に挙げたうち1~4は皆
「読んでみて面白かったから」「おすすめなので」
という理由でくださったもので、大切に読まれた中古本。

こういうの、良いですよね。
一冊のオススメ本をみんなで読む。
私もおすすめの本はしまい込んでいないで、あえてこれから誰かにあげることにしようかな。

古本屋に持って行くのも良いけれど、
「この人に読んで欲しいな」という相手として自分が選ばれた喜びって、
ちょっとしたことながら結構大きかったりします。


世界の中心で、愛をさけぶ

1.
世界の中心で、愛をさけぶ
かの有名な、ですね。
かなり何人もの方に貸し出され、持ち主にかえって来たところを私に、
という道をたどった本のようです。
あれだけ流行ったのに私は映画もドラマも全く観ていなかったって、なんでわかったのかな。。。
そして読後は私も例にならって母にあげました。


マザー・テレサ―あふれる愛 (講談社文庫)

2.
マザー・テレサ―あふれる愛 (講談社文庫)
オリビア・ハッセー主演映画の原作かな?
と思ったら違っていました。
存命中のマザーテレサの活動に密着し続けた日本人ジャーナリストの著作です。
キリスト教信仰と縁遠い方でも気軽に読めると思います。


ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

3.
ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セットダン・ブラウン
面白いですね!映画より深みを感じられたかな。
ただ、西洋人はやっぱりそこで行き詰るのか、という根本的な地点が、日本人からしたら客観的に見えすぎる感じがしますが。。。


ため息の時間 (新潮文庫)

4.
ため息の時間 (新潮文庫)唯川恵
いただいて2日なので手付かずです。たのしみ。。。


父と暮せば (新潮文庫)

5.
父と暮せば (新潮文庫)井上 ひさし
これも「ぜひ読んでみて」と、くださったものなのですが、
ほかと違うのは、新品をいただいたということです。
そっかー、自分の分はとっておいて新しいのをわざわざくださるほどおすすめなんだ。
ということで、気合いを入れて読ませていただきました。

ありがとうございました。\(^^)/

この作品は映画化されていて、黒木和雄さんが監督されています。

父と暮せば 通常版 [DVD]

原作を読んだ後すぐにDVDを探して、こちらもじっくり観ました。
友人が薦めてくれた、その気概の分まで心に響いて、ありがとうの気持ちいっぱいになりました。

誰かに勧めていただいて読んだ本が自分にどんな風に響くのか、
そしてどこへとつながっていくのか…。
ある意味これもアンサンブルのようですよね。

贈り物って、本以外のものもみんなそうかもしれません。
いただいた響きを私が壊したり途切れさせないように、
よく感じて素敵な音楽に育てていきたいなぁ。

なんて考えながら、本を眺めていた今日でした。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿